TOP  住宅地のお店なら

こんなケースで困っていませんか? 住宅地のお店なら

住宅地のお店なら 地域一番店を目指して、存在感をアピールするのが重要です。 いかに近隣に住んでいる方に認知してもらうかがポイント。離れた場所からでも認識できるような街のシンボルを目指す!
img
これだけは抑えたい「看板ポイント」
ファサード看板
入口上付近に取り付ける看板です。ここでの看板の大きさは、集客力の高さに比例します。なるべく広く長く設置することで、お店の存在感をアピールします。少し離れた場所からでも認識できるような工夫も必要です。
img
カッティングシート
ガラス面などに直接文字などを貼付ける看板です。広い面積を使ってお店のアピールが可能なので、インパクトがあるデザインが可能です。また“ライン”のデザインを有効に使うことにより間口を広く演出して、視覚的に店舗の存在を認識してもらうこともできます。
img
袖看板
お店の前や横の壁面に設置する看板で、通行人の目線に対して直角の位置に見えるので視認性が高いのが特徴です。自店舗が目立ってないと感じている方におすすめです。
img
img
古い看板で損していませんか?看板がお店の第一印象を決めます。

看板はお店の「顔」です。
例えば看板から受ける印象が異なる2つの店舗があったとします。一つは、「明るくて清潔感のある店内が想像できて、新しさを感じるお店」。もう一つは「なんだか暗いイメージが漂っていて、一昔前のデザインで古さを感じるお店」。あなたなら、どちらのお店に入りたいと思いますか?

看板が作り出すイメージがお店への入りやすさを演出したり、入りにくさも演出してしまします。まずは第一にお客様の入りやすさを考えた看板を作成することが大切です。

img
入りやすさを考えて、どんなお店なのかを繰り返し伝える。

住宅地のお店の場合、近隣の方は何度もお店の看板を目にして、何度もその情報に触れます。これはお店を知ってもらう絶好のチャンスです。

この場合、「商品」「値段」「裏付け」の3点が重要です。
言い換えると次の様な言葉になります。
「いくらで何が得られるのか?」
「その商品を買うとどんなメリットがあるのか?」
「お店のこだわりや他店との差別化ができているか?」
これらの質問に答えることのできる看板がお店に設置してあれば、集客効果はかなり期待で来ます。

よくあるお問い合せに関するQ&A
お問い合わせフォーム
求人情報はこちら 施工事例
  • left2_01
  • left2_02 飲食店
  • left2_03 整体・治療院
  • left2_04 エステ・整体
  • left2_05 歯科医療・病院
  • left2_06 フィットネスクラブ
  • left2_07 住宅販売関係
  • left2_08 その他
こんなケースで困っていませんか?
  • left_11
  • left_12 整体・治療院の売上・集客アップ
  • left_13 フィットネスクラブの売上・集客アップ
  • left_14 歯科医院・病院の売上・集客アップ
  • left_15 エステ・美容院の売上・集客アップ
  • left_16 不動産関係の売上・集客アップ
  • left_17 飲食店の売上・集客アップ
  • left_01
  • left_02 入り口をわかりやすくしたい
  • left_03 看板を変えて新鮮な印象を与えたい
  • left_04 店内の清潔感や雰囲気を伝えたい
  • left_05 はじめて来た人でもすぐに見つけてもらえるようにしたい
  • left_06
  • left_07 駅前のお店なら
  • left_08 住宅地のお店なら
  • left_09 郊外のお店なら
  • left_10 ビル・テナントのお店なら
商売繁盛ブログ left3_04 left5btn_01
logo

アイワ工芸株式会社

〒453-0845
愛知県名古屋市中村区
宮塚町183番地

アイワ工芸では、愛知県名古屋市を中心として、集客効果のない看板や外観でお客様を取りこぼしいている店舗ビジネスのオーナー様に看板&外観リノベーションのサービスを提供しています。アイワ工芸の強みは、商圏分析や実地調査などを入念に行い戦略的にお客様を呼ぶ、看板&外観のご提案です。集客にお困りの店舗ビジネスオーナー様は是非一度、ご相談ください。

tel.0120-41-6035
fax.052-412-1617
info@sign-aiwa.com

left5btn_04
pagetop

施工事例